初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ブラドル、ホッケンハイム経由でブルノ入り

S.ブラドル、ホッケンハイム経由でブルノ入り

キャリア初優勝を飾ったブルノを前に、サマーブレークを利用して、ホッケンハイムでプライベートテストを実施した。

フィースマン・キーファー・レーシングのステファン・ブラドルは、ポイントリーダーとして、第11戦チェコGPを迎え、キャリア初優勝を挙げたブルノ・サーキットに挑戦する。

サマーブレーク中には、ホッケンハイムでプライベートテストを実施。好天候に恵まれた中、カレックスのニューパーツをテストして、2008年8月に125ccクラスで初優勝を飾った舞台に乗り込む。

「テストは悪くなった。新しいパーツを試した。サマーブレークは長かったから、バイクにもう一度乗って、感覚とリズムを取り戻す必要があったから、大切なテストとなった。それに楽しみたかった。」

前半戦ラスト3戦で82ポイント差から47ポイント差に迫ったランク2位マルク・マルケスに関しては、「危険な存在。ストロング、インテリジェンス、ヤング。全ての才能を具えているし、Moto2クラスで勝つことを知っている。タイトル争いのライバルだ」と、警戒した。

Tags:
Moto2, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Stefan Bradl, Viessmann Kiefer Racing

Other updates you may be interested in ›