初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:S.コルテセがヘレス以来の1番時計

フリー走行2:S.コルテセがヘレス以来の1番時計

フリー走行1で17番手だったコルテセが、ヘレスの公式予選以来今季4度目の1番時計を記録。ザルコ、オリベイラ、ガデア、ケントがトップ5入り。フリー走行1を制したテロールは7番手だったが、初日総合でトップに立った。

第11戦チェコGPのフリー走行2は12日、ブルノ・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度30度のドライコンディションの中、フリー走行1で17番手だったコルテセは、3度目のコースインで2分09秒台を突破。2分08秒762で、第2戦スペインGP公式予選以来となる1番時計を記録した。

フリー走行1で3番手のヨハン・ザルコは、2分08秒台を最多の2回記録。0.038秒差の2番手に浮上すれば、フリー走行1で4番手のミゲール・オリベイラ、8番手のセルジオ・ガデア、9番手のダニー・ケント、2番手のアルベルト・モンカヨが続いた。

フリー走行1を制したポイントリーダーのテロールは、2分08秒台に進出できず、0.702秒差の7番手に後退。エクトル・ファウベル、エフレン・バスケス、マーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。

Tags:
125cc, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP2

Other updates you may be interested in ›