初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ&スピースは4番手と6番手発進

ロレンソ&スピースは4番手と6番手発進

表彰台を目標に設定したロレンソとスピースは、初日に2度連続して4番時計と6番時計を記録した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第11戦チェコGPの初日に総合4番手。ベン・スピースは総合6番手だった。

プレスカンファレンスで優勝に挑戦することを強調したロレンソは、午前中に1分57秒台を4回記録。午後には1分57秒台を最多の10回記録。0.720秒差の4番手だった。

「今日のセッションは、期待していた通りには行かなかった。ブレーキングで少し苦労して、大きくタイムロスした。僕たちはトップから大きく離されているから、予選に向けて準備を整えるために、明日の朝はハードに働かないと。」

表彰台獲得に自信を見せたスピースは、午前中の最終ラップに1分57秒台に進出すると、午後には1分57秒台を3回記録。1.303秒差の6番手だった。

「OKの1日。リザルトは良かった。首が少し痛く、バイクを走らせることに少し苦労しているけど、まだ100%ではない。ラップタイムはそれほど悪くない。レースに向けて、しっかりと治療しよう。日曜に向けて状況が一転できるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›