Tickets purchase
Videopass purchase

フリー走行3:C.ストーナーがウェットでトップタイム

ウェットコンディションの中、1ラップ目に転倒を喫した初日総合2番手のストーナーが1番時計。ロレンソ、ロッシ、ペドロサ、ヘイデンが続き、初日総合16番手の青山が6番手に浮上した。

第11戦チェコGPのフリー走行3は13日、ブルノ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度23度。朝方から降り始めた雨によるウェットコンディションの中、フリー走行初日総合2番手のケーシー・ストーナーは、開始早々に3コーナーで転倒を喫したが、2分07秒台を4回記録。2分07秒321の1番時計を刻んだ。

初日総合4番手のホルヘ・ロレンソは、2分07秒台を4回記録。0.005秒差の2番手に浮上した。

初日総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、2分07秒台を4回記録。0.122秒差の3番手。

初日総合トップのダニ・ペドロサは、2分07秒台を最多の5回記録。0.331秒差の4番手に後退すると、初日総合14番手のニッキー・ヘイデンは、2分07秒台を2回記録。0.374秒差の5番手にジャンプアップした。

初日総合16番手の青山博一は、最多の18ラップを走行。0.422秒差の6番手に上昇すれば、カル・クラッチロー、初日総合5番手のアンドレア・ドビツィオーソ、総合3番手のマルコ・シモンセリ、総合6番手のベン・スピースがトップ10入り。

初日総合でトップ10入りしたリズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは13番手。ジョン・ホプキンスは、6ラップ目に3コーナーで転倒。指を負傷したことから、クリニカ・モービルに直行した。

Tags:
MotoGP, 2011, FP3

Other updates you may be interested in ›