初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:A.イアンノーネが8戦ぶりに優勝

決勝レース:A.イアンノーネが8戦ぶりに優勝

5番グリッドのイアンノーネが昨年優勝を逃したブルノで4人による優勝争いに競り勝ち、ヘレス以来の優勝を挙げると、マルケス、ブラドル、デ・アンジェリス、ルティが続き、高橋は通算100戦を12位でフィニッシュした。

第11戦チェコGPの決勝レースは14日、ブルノ・サーキットで行われ、アンドレア・イアンノーネが優勝した。

気温24度。路面温度35度のドライコンディションの中、5番グリッドのイアンノーネは、ウォームアップ走行を制したポールポジションのマルク・マルケス、2番グリッドのステファン・ブラドル、3番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスとの優勝争いを展開。

イアンノーネが0.161秒差で競り勝ち、第2戦スペインGP以来となる今季2勝目。マルケス、ブラドルが表彰台を獲得。デ・アンジェリスが4位に入った。

4番グリッドのトーマス・ルティは、終盤までトップグループ内で走行。5位に入れば、アレックス・エスパルガロ、エステベ・ラバット、ドミニケ・エジャーター、シモーネ・コルシ、ケナン・ソフォーグルがトップ10入り。

17番グリッドの高橋裕紀は、6人による12位争いに競り勝った。

公式予選で転倒を喫したフリアン・シモンは、右手親指を負傷。右肩と肋骨を痛めたが、レースへの参戦許可を得て、ウォームアップ走行に参加したが、右肩の状態が良くないことから、欠場を決断した。

チャンピオンシップは、3戦連続8度目の表彰台を獲得したブラドルがポイントリーダーの座を堅守。ランク2位のマルケスが43ポイント差に接近すれば、デ・アンジェリスが88ポイント差のランク3位に浮上した。

Tags:
Moto2, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC

Other updates you may be interested in ›