初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:J.ザルコが快走の1番時計

ウォームアップ走行:J.ザルコが快走の1番時計

2番グリッドのザルコが朝一番のセッションで快調にトップタイムを連発。ポールポジションのテロールがコンマ3秒差に迫ったが、3番グリッドのコルテセには1秒以上のアドバンテージを広げた。

第11戦チェコGPのウォームアップ走行は14日、ブルノ・サーキットで行われ、ヨハン・ザルコがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度23度のドライコンディションの中、2番グリッドのヨハン・ザルコが、2分08秒台を2回記録。2分08秒462の1番時計を刻んだ。

ポールポジションのニコラス・テロールは、最終ラップに2分09秒台を突破して、0.299秒差の2番手。 3番グリッドのサンドロ・コルテセは、1.053秒差の3番手。

アルベルト・モンカヨ、エフレン・バスケス、セルジオ・ガデア、エクトル・ファウベル、ダニー・ケント、ジャスパー・イウェマ、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

9番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、2.021秒差の13番手。

5番グリッドのルイス・サロンは、3ラップ目に転倒を喫した際に右手を骨折。欠場することとなった。

Tags:
125cc, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, WUP

Other updates you may be interested in ›