初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.フォルガー、18歳の誕生日も病欠

J.フォルガー、18歳の誕生日も病欠

ランク4位に位置していたフォルガーだったが、体調不良により欠場。病気の原因を徹底的に調べることとなった。

レッドブル・アジョ・モータースポーツのジョナス・フォルガーは、グランプリのデビュー舞台で開催された第11戦チェコGPを病気のために欠場。ドイツに帰国して、精密検査を受けることとなった。

2008年の8月に15歳の誕生日を迎え、ブルノ・サーキットでデビューを果たしたドイツ人ライダーだったが、2ヶ月ほど前から原因不明の病気により、目眩、吐き気、血圧低下、体温低下に襲われ、体調不良のことから、金曜のフリー走行1まで体調の回復を待ったが、欠場を決断した。

「本当にがっかり。土曜は僕の18歳の誕生日で、グッドなリザルトで祝いたかったけど、医師団の判断を尊重しないと。僕にとって最善の判断だと思う」と、状況を説明。

「数日前から体調が良くなかったけど、木曜にコースの下見をした後気分が悪くなり、医師たちに相談したところ、徹底的な精密検査を受けることを指示された。早く体調を戻したい。」

Tags:
125cc, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jonas Folger, Red Bull Ajo MotorSport

Other updates you may be interested in ›