初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ、800ccクラスで初の表彰台独占

ホンダ、800ccクラスで初の表彰台独占

2006年のアメリカGP以来となる表彰台独占を達成。チェコGPでは2004年ぶり、800ccクラスで初優勝を飾り、タイトル奪回に向けて弾みをつける後半戦緒戦となった。

ホンダは、後半戦緒戦となる第11戦チェコGPで、ケーシー・ストーナー、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・シモンセリが表彰台を獲得。2006年7月の第11戦アメリカGP以来88戦ぶりにホンダ勢の3人が表彰台に並び、800ccクラスで初めて表彰台を独占した。

2007年からスタートした800cクラスで、これまでに表彰台独占を達成したのはヤマハ。2008年5月の第5戦フランスGPで、バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、コーリン・エドワーズがトップ3人に進出した。

レギュレーションの改正により、500ccクラスからMotoGPクラスに名称が変更された2002年から2006年までに表彰台を独占したメーカーはホンダのみ。

2002年に4回、2003年に5回、2004年に3回、2006年に1回、合計13回の表彰台独占を記録。

もし、ホンダがトップ4を独占すれば、2003年10月の第14戦マレーシアGP以来5回目。トップ5を独占すれば、2003年9月の第12戦リオGP以来4回目となる。

もし、ストーナー、ドビツィオーソ、ダニ・ペドロサがトップ3に進出すれば、レプソル・ホンダの表彰台独占は、1999年6月の第6戦カタルーニャGP(アレックス・クリビーレ、岡田忠之、セテ・ジベルナウ)以来となる。

また、ブルノ・サーキットでは、2004年にセテ・ジベルナウが優勝して以来7年ぶりの優勝。

2011年の開催サーキットにおいて、ホンダは今年に入って、ロサイル(ストーナー)、エストリル(ペドロサ)、ルマン(ストーナー)、シルバーストン(ストーナー)、ブルノ(ストーナー)で800ccクラスの初優勝を達成。

800ccクラスでまだ優勝を記録していないのは、アッセンと後半戦に開催が予定されているアラゴン、フィリップアイランド、ツインリンクもてぎ、セパンの5つ。

ストーナーは、昨年初開催されたアラゴンで優勝すれば、フィリップアイランドでは2007年から昨年まで4連勝を達成。ツインリンクもてぎでは昨年、セパンでは2006年と2008年に優勝を飾っている。

ホンダの表彰台独占記録(2002年以降)

2002年4月‐第2戦南アフリカGP (トップ4独占)
2002年5月‐第3戦スペインGP (トップ5独占)
2002年10月‐第13戦パシフィックGP (トップ4独占)
2002年10月‐第15戦マレーシアGP (トップ5独占)
2003年6月‐第7戦TTアッセン
2003年7月‐第8戦イギリスGP
2003年9月‐第12戦リオGP (トップ5独占)
2003年10月‐第13戦パシフィックGP (トップ4独占)
2003年10月‐第14戦マレーシアGP (トップ4独占)
2004年5月‐第2戦スペインGP
2004年7月‐第7戦リオGP
2004年7月‐第8戦ドイツGP
2006年4月‐第3戦トルコGP

Tags:
MotoGP, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›