初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ポンス、インディアポリス&ミサノ欠場

A.ポンス、インディアポリス&ミサノ欠場

3クラスを合わせて最多14回の転倒を数えるポンスは、左手人差し指の手術を受け、2戦に欠場することとなった。

ポンス・HP・40のアクセル・ポンスは19日、バルセロナ市内の病院で左手の手術を受け、次戦インディアナポリスGPと第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPを欠場することになった。

第8戦イタリアGPのフリー走行3でシーズン13度目の転倒を喫した際に、左手と左手人差し指を骨折。決勝レースを欠場したが、第9戦ドイツGPと第11戦チェコGPに参戦。

27番グリッドから24位で、今季4度目となる完走を果たした翌日、地元の病院で精密検査を受けたところ、左手人差し指の靭帯を3ヶ所断裂していることが判明したことから手術が必要となった。

「手術は成功。チェビエル・ミス医師は今回も素晴らしい仕事をしてくれたことに感謝したい。インディアナポリス、もしかしたら、ミサノも欠場となってしまうことは残念。アラゴンに完璧に治して戻りたい」と、手術後に語った。

全治4~6週間と診断されたポンスは、4週間後の9月18日にモーターランド・アラゴンで開催する第14戦アラゴンGPでの復帰を目指す。

Tags:
Moto2, 2011, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Axel Pons, Pons HP 40

Other updates you may be interested in ›