初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第12戦インディアナポリスGP:Moto2クラスプレビュー

第12戦インディアナポリスGP:Moto2クラスプレビュー

ブラドルとマルケスが展開する一騎打ちの優勝争いに、デ・アンジェリス、イアンノーネらが挑戦。高橋、シモン、地元出身のヤングライダーたちに注目が集まる。

第12戦インディアナポリスGPは26日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開幕。28日に決勝レースが行われ、ステファン・ブラドルがポイントリーダーとして登場する。

開幕からチャンピオンシップの主導権を握るブラドルは、コンマ4秒差で4戦ぶり5勝目を逃したが、3戦連続8度目の表彰台を獲得。昨年は9番グリッドから転倒、125ccクラス時代には3位と7位だった舞台に挑む。

43ポイント差のマルク・マルケスは、コンマ1秒差で4連勝を逃したが、ポイントリーダーに競り勝って、4戦連続6度目の表彰台を獲得。タイトル獲得という重圧がない中、上位進出を目指す。

88ポイント差のランク3位に浮上したアレックス・デ・アンジェリスは、4戦連続して表彰台争いを展開。昨年は走るチームがなかったために欠場したが、2年前に最高峰クラスで最高位2位を獲得した舞台で好成績を収め、来週末のホームレースにつなげたいところ。

8戦ぶりの優勝で、92ポイント差のランク4位に再浮上したアンドレア・イアンノーネは、勢いに乗り、昨年26番グリッドから4位まで巻き返したトラックで、連続の上位進出を狙う。

104ポイント差のランク8位、高橋裕紀は、昨年2位を獲得したブルノで通算100戦目を迎えたが、12位が精一杯。昨年は他車に追突され転倒を喫し、周回遅れを喫したインディアナポリスで、チームのホームレースを前に仕切り直しを図る。

地元出身でレッドブル・ルーキーズ・カップを制したJD・ビーチとヤコブ・ガーニャの2人が、フル参戦のケニー・ノエスと共にホームレースに挑戦。全米選手権に参戦するコロンビア人、マルティン・カルデェナスは、同胞ヨニー・エルナンデェスの負傷代役を務める。

Tags:
Moto2, 2011, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›