初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MZ、成績アップに向けてウォーレン・ウィリングを起用

MZ、成績アップに向けてウォーレン・ウィリングを起用

Moto2クラス参戦2年目のMZは、ウエストの成績不振解消とシャーシの開発を目的に、ヤマハ、スズキ、KTMで活躍したエンジニアを召集した。

MZ・レーシングは24日、ウォーレン・ウィリングをアンソニー・ウエストのチーフクルーとして、第12戦インディアナポリスGPから起用することを発表した。

オーストラリア出身のウィリングは、ウェイン・レイニーの3連覇やケニー・ロバーツ・ジュニアのタイトル獲得に貢献。2004年からはKTMに招集され、レースエンジニアとしてシャーシ開発に着手。

MZ・レーシングのCEO、マルティン・ウィマーは、「これからの数週間は、将来のMZの計画を練りますが、同時にアンソニーのドライコンディションにおけるリザルトはあまり良くないことから、チーム内で何かをやらなければいけない状態でした。」

「そこで、シャーシに関して特別な知識があり、経験豊富なエンジニアを見つけることが、明白な解決策でした。ウォーレンはこの分野において、世界的に有名で、招集の可能があることを知ったときには疑いませんでした」と、起用の理由を説明した。

Tags:
Moto2, 2011, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Anthony West, MZ Racing Team

Other updates you may be interested in ›