初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダーたちがアメフトに挑戦

MotoGPライダーたちがアメフトに挑戦

7人のヨーロッパ人ライダーたちがアメフトを初体験すれば、3人のアメリカ人ライダーたちは、少年期に戻ったように、アメフトを楽しんだ。

第12戦インディアナポリスGPのプレイベントは25日、インディアナポリス市に本拠を置く、NFLナショナル・フットボール・リーグ加盟のアメリカン・フットボール・チーム、インディアナポリス・コルツのホームスタジアム、ルーカス・オイル・スタジアムで行われた。

地元出身のニッキー・ヘイデン、ベン・スピース、コーリン・エドワーズをはじめ、ホルヘ・ロレンソ、アンドレア・ドビツィオーソ、ステファン・ブラドル、マルク・マルケス、ニコラス・テロール、ヨハン・ザルコ、ダニー・ケントが、元コルツの選手たちから指導を受けた。

ケンタッキー州出身のヘイデンは、「少年期にフットボールをプレイしていたときから、このチームのファン。兄弟と一緒にコルツのプレイをしていた。ニュースタジアムはナイスだ。僕はオフェンスを好む。ディフェンスよりも楽しい」と、子供のような笑みで語った。

テキサス出身のエドワーズは、「まるでキャンディストアーにいるような気分。プレイを語るのは簡単だけど、まるでヘッドレス・チキン(首なし鶏)のように走った!」と、ジョークを飛ばした。

アメフト初体験のロレンソは、「すごく楽しかった。一度もプレイしたことがないし、ルールも知らないけど、あと30分はプレイしたかった。全力でプレイしたけど、僕のレベルは最高に高くないだろう」と、語った。

Tags:
MotoGP, 2011, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›