初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:N.テロールが初日快走のトップタイム

フリー走行2:N.テロールが初日快走のトップタイム

フリー走行1で2番手だったポイントリーダーのテロールが快走の1番時計。ランク2位のザルコは最速リズムを刻み、モンカヨ、ガデア、バスケスがトップ5入り。前戦勝者のコルテセは6番手だった。

第12戦インディアナポリスGPのフリー走行2は26日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温31度。路面温度50度のドライコンディションの中、フリー走行1で最速リズムを刻み、2番手だったニコラス・テロールは、1分50秒台を2回記録した後、1分49秒381の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で3番手のヨハン・ザルコは、3度目のコースインで1分50秒台を最多の6回記録。0.774秒差の2番手に浮上。

前戦で初の表彰台を獲得した7番手のアルベルト・モンカヨは、1分50秒台を2回記録。0.775秒差の3番手に進出。

11番手のセルジオ・ガデアは、1分50秒台を2回記録。4番手にジャンプアップすれば、フリー走行1を制したエフレン・バスケスは、1分50秒台を3回記録。1.197秒差の5番手に後退。

前戦勝者のサンドロ・コルテセは、4番手から6番手に後退。エクトル・ファウベル、ジョナス・フォルガー、マーベリック・ビニャーレス、ダニー・ケントがトップ10入り。

前戦で右手を骨折したルイス・サロンの代役として起用される南アフリカ出身のブラッド・バインダーは、初日は28番手だった。

Tags:
125cc, 2011, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›