初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:J.ロレンソが3戦ぶりに初日制す

フリー走行2:J.ロレンソが3戦ぶりに初日制す

ランク2位のロレンソが、ラグナセカ以来3戦ぶりに初日1番時計を記録。フリー走行1を制したストーナー、昨年の勝者ペドロサ、シモンセリ、スピース、ドビツィオーソ、バウティスタが続き、青山が14番手から9番手に浮上。ロッシは11番手から15番手に後退した。

第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は2日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温30度。路面温度44度のドライコンディションの中、フリー走行1で6番手のロレンソは1分34秒台を13回記録。1分39秒929の1番時計を刻み、第10戦アメリカGP以来3戦ぶりに初日を制した。

フリー走行1を制したポイントリーダーのケーシー・ストーナーは、1分34秒台を9回記録。0.076秒差の2番手。

フリー走行1で3番手のダニ・ペドロサは、1分34秒台を5回記録。0.276秒差の3番手に入り、順位を維持。

フリー走行1で5番手のマルコ・シモンセリは、1分34秒台を5回記録。0.515秒差の4番手に入ると、フリー走行1で最速リズムを刻んだ2番手のベン・スピースは、1分34秒台を5回記録。フリー走行1で4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分34秒台を1回記録。

フリー走行1で8番手のアルバロ・バウティスタは、序盤にマシンから白煙が噴き出したことから、マシンを乗り換えたが7番手に進出。エクトル・バルベラが続いた。

フリー走行1で14番手の青山博一は、1分35秒台を7回記録。1.353秒差の9番手に浮上して、初日総合8番手だった第4戦フランスGP以来今季2度目のシングルスタートを切った。

フリー走行1で11番手のバレンティーノ・ロッシは、3度目のコースインで1分35秒台に進出。11番手だった。

Tags:
MotoGP, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2

Other updates you may be interested in ›