初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:S.ブラドルが2連続の1番時計

フリー走行3:S.ブラドルが2連続の1番時計

ポイントリーダーのブラドルが最速タイムを記録すれば、ランク2位のマルケスが最速リズムを刻み、初日相互10番手の高橋が4番手に浮上。小山は初日総合25番手から32番手に後退した。

第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は3日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温28度。路面温度35度のドライコンディションの中、フリー走行2を制して初日総合トップのブラドルは、1分38秒台を6回記録。1分38秒361の1番時計を刻み、フリー走行総合を制した。

フリー走行1を制した総合2番手のマルク・マルケスは、1分38秒台を最多の9回記録。0.004秒差の2番手を維持。

初日総合11番手のアレックス・デ・アンジェリスは、最終ラップに1分38秒台に進出。0.239秒差の3番手に浮上。

初日総合10番手の高橋裕紀は、1分38秒台を2回記録。0.502秒差の4番手まで挽回。

初日総合12番手のスコット・レディングも1分38秒台を1回記録。アンドレア・イアンノーネ、トーマス・ルティ、ミケーレ・ピロ、ブラドリー・スミス、エステベ・ラバットがトップ10入り。

初日総合3番手のアレックス・エスパルガロは、転倒を喫し、13番手に後退した。

初日総合25番手の小山知良は、フリー走行2のタイムを更新できず、32番手に後退した。

Tags:
Moto2, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP3

Other updates you may be interested in ›