初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:C.ストーナーがトップに再浮上

フリー走行3:C.ストーナーがトップに再浮上

初日総合2番手のストーナーがフリー走行1に続き1番時計を記録して、総合トップに立つと、ペドロサが0.09秒差で続き、初日総合トップのロレンソは3番手。スピース、エドワーズが続き、ロッシは12番手。青山は15番手だった。

第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は3日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温27度。路面温度32度のドライコンディションの中、初日総合2番手のストーナーは、1分33秒台を最多の5回記録。4ラップに刻んだ1分33秒567の1番時計で、フリー走行1に続き、セッションを制した。

初日総合3番手のダニ・ペドロサは、1分33秒台を2回記録。0.099秒差の2番手に浮上。

初日総合トップのホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を最多の13回、1分33秒台を1回記録。0.323秒差の3番手に後退。

初日総合5番手のベン・スピースは、1分34秒台を12回記録。0.718秒差の4番手に進出すると、初日総合10番手のコーリン・エドワーズは、1分34秒台を4回記録。初日総合6番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分34秒台を7回記録。

初日総合4番手のマルコ・シモンセリ、エクトル・バルベラ、カル・クラッチロー、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

初日総合11番手のバテンティーノ・ロッシは、1分34秒台を1回記録。1.366秒差の12番手に後退。

初日総合9番手の青山博一は、3度のコースインで最多の23ラップを走行。1分35秒台を11回記録して、1.790秒差の15番手に後退した。

Tags:
MotoGP, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP3

Other updates you may be interested in ›