初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:N.テロールが3連続の1番時計

フリー走行3:N.テロールが3連続の1番時計

初日総合トップにテロールが最速タイムを刻み、3連続の1番時計を記録。ビニャーレスが7番手から2番手に浮上すれば、ザルコ、ファウベル、コルテセが続いた。

第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は3日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度29度のドライコンディションの中、初日総合1番手のテロールは、1分44秒台を6回記録した後、1分43秒台を2回記録。1分43秒592を刻み、3度のフリー走行で1番時計を連発した。

初日総合7番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分44秒台を8回、1分43秒台を1回記録。0.298秒差の2番手に浮上。

初日総合4番手のヨハン・ザルコは、1分44秒台を6回記録。0.479秒差の3番手に進出すれば、初日総合2番手のエクトル・ファウベルと初日総合9番手のサンドロ・コルテセ、初日総合3番手のダニー・ケントは、1分44秒台を5回記録。

ワイルドカード参戦のチェコ人ライダー、ミロスラフ・ポポフは1分44秒台に進出して、12番手から7番手に浮上。

初日総合5番手のエフレン・バスケス、ミゲール・オリベイラ、セルジオ・ガデアがトップ10入りした。

初日総合19番手のシモーネ・グロティスキは、転倒した際に右手小指と左手首を骨折した。

Tags:
125cc, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP3

Other updates you may be interested in ›