初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:J.ロレンソが今季3勝目

決勝レース:J.ロレンソが今季3勝目

2番グリッドのロレンソがセッションの最速リズムを再現するような快走を見せ、ムジェロ以来となる今季3勝目。ペドロサ、ストーナーが表彰台を獲得すると、シモンセリ、ドビツィオーソ、スピースが続き、11番グリッドのロッシは7位。10番グリッドの青山は11位でフィニッシュした。

第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPの決勝レースは4日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝を飾った。

気温28度。路面温度35度のドライコンディションの中、2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めると、週末のセッションで見せたようにコンスタントなリズムで周回を重ね、第8戦イタリアGP以来となる今季3勝目を飾った。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、1分34秒中盤のリズムで追い上げ、ラスト6ラップに3番手から2番手に浮上。2戦連続の2位フィニッシュを決めた。

今季8度目のポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーは、中盤までロレンソをマークしていたが、1分34秒台のリズムを最後まで維持できずに3位。

5番グリッドのマルコ・シモンセリは、3人による4位争いに僅少差で競り勝ち、アンドレア・ドビツィオーソ、ベン・スピースが続いた。

11番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、スタートで6番手にジャンプアップ。7位でチェッカーを受けると、スペシャルカラーで登場したアルバロ・バウティスタ、エクトル・バルベラ、カル・クラッチローがトップ10入り。

10番グリッドの青山博一は、オープニングラップで12番手に後退したが、ラスト7ラップにコーリン・エドワーズを抜いて、11位でフィニッシュ。

チャンピオンシップは、ストーナーが11戦連続12度目の表彰台を獲得。ポイントリーダーの座を堅守すれば、ランク2位のロレンソが35ポイント差に詰めた。

Tags:
MotoGP, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, RAC

Other updates you may be interested in ›