初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、復帰後4度目の表彰台を獲得

D.ペドロサ、復帰後4度目の表彰台を獲得

右鎖骨の骨折から復帰してから、6戦で4度目の表彰台を獲得。ブルノではトップ走行中に転倒を喫したが、優勝、表彰台争いの主役として、タイトル争いを左右する存在となった。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、3番グリッドから2位。負傷から復帰した第8戦イタリアGPから2戦連続4度目の表彰台を獲得した。

前戦2位を獲得して、昨年優勝した舞台に戻って来ると、初日連続の3番時計。公式予選、ウォームアップ走行でも3番手に進出したが、今季3勝目に向けて、サスペンションを調整。

それが裏目に出てしまったが、1分34秒中盤のリズムで追い上げ、ラスト6ラップに3番手から2番手に浮上。2戦連続の2位フィニッシュを決めた。

「ちょっとがっかり。バイクがセッションのように上手く走らなかった。もう少し良くするために、サスペンションを変更したら、その反対になってしまった。これは時々起きてしまうこと。」

「1ラップ目に、ホルヘとケーシーのリズムに追いついていけないことが見えた。序盤にフロントが閉じてしまい、その後にはリアが滑ったけど、レース後半は良かった。ホルヘは完璧なレースをしたから、届かなかったけど、ケーシーを抜くことができ、2週間で2位を2回獲得した。」

「2連戦は体力面で非常に要求が厳しかった。厳しかったインディの後で、ジェットラグと疲労から回復しなければいけなかったし、暑く、ハードブレーキングが多かったから、もしかしたら、ミサノがシーズンで一番厳しかったかも。」

今季7度目の表彰台を獲得して、ランク3位に35ポイント差に接近したペドロサは、昨年3番グリッドから2位を獲得したモーターランド・アラゴンに向けて、体調を整える。

Tags:
MotoGP, 2011, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›