初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権の5戦目が今週末に開催

スペイン選手権の5戦目が今週末に開催

世界舞台の登竜門、スペイン選手権が2ヶ月ぶりに開催。Moto3マシンが初登場する125ccクラスとグランプリで活躍するライダーたちが揃うMoto2クラスに注目が集まる。

CEVスペイン選手権の5戦目は、今週末アルバセテ・サーキットで開催。125GP、Moto2、ストックエクストリューム、カワサキ・ニンジャカップの4クラスが行われる。

125GPは、13人の外国人ライダーを含む26人のヤングライダーたちがエントリー。来季のグランプリ参戦を目指すランク1位のアレックス・リンス、ランク2位のアレックス・マルケスに、前戦に初めて表彰台を獲得したフランセスコ・バグナイアを加えたチーム・カイシャ・カタルーニャ・レプソルの3人が中心。

前戦で14位に入った森俊也は、全日本選手権J‐GP3に参戦するため、今回は欠場。

今週末の125GPには、1台のMoto3マシンが参戦を予定している。

Moto2クラスは、12人の外国人ライダーを含む39人がエントリー。今季2勝ずつを分け合うランク1位のカルメロ・モラーレスとランク2位のジョルディ・トーレスが中心。

ランク3位の小山知良は、初挑戦となった前戦のアルバセテでは9位だったが、負傷代役の機会を得て、将来のグランプリ復帰という目標に向け、野心とモチベーションが高まった。

2戦連続してグランプリに参戦したヤコブ・ガーニャ、ランク4位のイバン・モレーノ、ストックエクストリュームから転向する昨年ラン4位のダニエル・リバスは上位進出候補。

注目は、今大会からMoto2クラスに転向するエレナ・ロセール。アスパル・チームのサポートを受け、モラーレス、トーレスのチームメイトとして参戦。来週末には、第14戦アラゴンGPのワイルドカードが決定している。

ストックエクストリュームは36人、カワサキ・ニンジャカップには25人の参戦が予定されている。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›