初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

小山知良、第14戦アラゴンGPも代役

小山知良、第14戦アラゴンGPも代役

将来のグランプリ復帰を目指してスペイン選手権に参戦する小山が、負傷代役として、前戦に続き、アラゴンGPにも参戦することが決定した。

スペイン選手権Moto2クラスに参戦中の小山知良は、今週末モーターランド・アラゴンで開催される第14戦アラゴンGPにCIP・Moto2からケナン・ソフォーグルの負傷代役として、継続参戦することが決定した。

ミサノ・ワールド・サーキットで開催された前戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPに、第12戦インディアナポリスGPのフリー走行1で右足を脱臼骨折したソフォーグルの負傷代役として招集されると、28番グリッドから20位で完走。

その後、欧州に延滞して先週末の同選手権第5戦アルバセテ・ラウンドに参戦。2ヶ月前に初挑戦したアルバセテでは、11番グリッドから22.5秒差の9位だったが、今回の挑戦では、9番グリッドから8秒差の4位に進出。

グランプリにステップアップしたジョルディ・トーレス、カルメロ・モラーレスに次ぐランク3位を維持すると、所属チームから第14戦アラゴンGPでの代役が要請された。

舞台となるモーターランド・アラゴンでは、昨年125ccクラスで10番グリッドから6位。今年の5月には、同選手権第2戦目で5番グリッドから3秒差の4位に進出していた。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO DE ARAGÓN, Tomoyoshi Koyama, Technomag-CIP

Other updates you may be interested in ›