初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto2クラステスト:M.マルケスが最終戦の舞台で走り込み

Moto2クラステスト:M.マルケスが最終戦の舞台で走り込み

第14戦アラゴンGPが開催されるモーターランド・アラゴンに行く途中に、7チームが最終戦の舞台に集結。マルケスが徹底的に走り込んだ。

Moto2クラスのプライベートテストは10日から3日間、バレンシアのリカルド・トルモで行われ、7チーム9人のMoto2ライダーたちが参加した。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのマルク・マルケス、グレシーニ・レーシングの高橋裕紀とミケーレ・ピロ、JiRのアレックス・デ・アンジェリス、マーク・VDS・レーシングのスコット・レディングとミカ・カリオ、インターウェッテン・パドック・Moto2のトーマス・ルティ、ブルセンス‐STXのエステベ・ラバット、アビンティア‐STXのケニー・ノエスは、第14戦アラゴンGPを控え、最終戦バレンシアGPの舞台でテストを実施。

ポイントリーダーに23ポイント差に接近したマルケスは、最終戦を視野に入れながら、経験を積む目的で走り込みに専念。ニューパーツのテストも着手しながら、3日間で165ラップを走行した。

Tags:
Moto2, 2011

Other updates you may be interested in ›