初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

もう1人のスペイン人ライダーが参戦を開始

もう1人のスペイン人ライダーが参戦を開始

ガデアに替わって、スペイン選手権に参戦する17歳のロドリゲスが残り5戦に参戦することが決定した。

ブルセンス・バイ・パリス・ヒルトン・レーシングは14日、ジョセップ・ロドリゲスを今週末の第14戦アラゴンGPからシーズン末まで起用することを発表した。

バルセロナ・マンレサ出身の17歳、ロドリゲスは、2010年からスペイン選手権125GPへのフル参戦を開始。1年目はランク14位。5戦が終了した2年目の今年は、ランク9位に進出。

グランプリデビューは、昨年9月の第13戦アラゴンGP。20番グリッドから21位で完走すると、今年の第2戦スペインGPでは20番グリッドから15位。第5戦カタルーニャGPでは、25番グリッドから23位。

ミゲール・オリベイラの負傷代役に指名された第7戦TTアッセンでは、30番グリッドから21位だった。

「信じられないチャンス。このチームからマーベリックのチームメイトとして、シーズン最後まで参戦できることは、豪華なことだ。すごく嬉しい。これ以上のことはない。」

「スペイン選手権で走らせているバイクとは違うから適応しないと。このチームに加入することを可能にしてくれた全ての人たちに感謝したい。失望させないようにしないと。」

ランク8位のセルジオ・ガデアは、将来に関して、近日中に発表する。 

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO DE ARAGÓN, Maverick Viñales, Blusens by Paris Hilton Racing

Other updates you may be interested in ›