初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、上位進出に自信を持ってアラゴン入り

レプソル・ホンダ、上位進出に自信を持ってアラゴン入り

ストーナー、ドビツィオーソ、ペドロサは、上位進出に確かな自信を持って、シーズン14戦目の舞台となるモーターランド・アラゴンに乗り込む。

レプソル・ホンダは、チームのタイトルスポンサーであるレプソル社のホームレース、第14戦アラゴンGPで自信を持って挑戦する。

ポイントリーダーのケーシー・ストーナーは、前戦後、昨年ポールポジションから5秒差のアドバンテージを広げて、独走優勝に乗り込む前に、蓄積した疲労からの回復に専念。

「完全に疲れ果ててしまったミサノのレースの後で、休むことが出来た。日程が詰まっていたから、エネルギーが無くなってしまったけど、今週はリラックスを楽しみ、少しトレーニングを再開した」と、体調を説明。

「アラゴンはお気に入りのサーキットではない。昨年はセッティングのアドバンテージを引き出して、上手く走れた。今年は全く違うバイクだから、最初のセッションでセッティングを変えながら沢山のことを学ばないと。ダニは昨年戦闘力があった。良い仕事をして、グッドなリザルトを期待できるだろう。」

ランク3位のアンドレア・ドビツィオーソは、昨年8番グリッドからベン・スピースとの5位争いを展開。ラスト2ラップに前に出たが、最終ラップに転倒を喫してしまった。

「ランク3位でアラゴンを迎える。目標はロレンソとのギャップを詰めること。同時に追い上げて来るダニからポジションを守ることだ。」

「今年は昨年よりも戦闘力を高めることができるだろう。昨年はベンとの5位争い中のラストラップに転んでしまったけど、良いレースをする自信がある。」

ランク4位のダニ・ペドロサは、2戦連続2位の勢いに乗り、昨年3番グリッドから2位を獲得したホームレースに挑戦。

「良い思い出がある。昨年は良いスタートを切って、良いレースをした。ここ数戦のパフォーマンスに満足。1週間休むことができ、体力を取り戻すことができた。レースが楽しみだ。」

「アラゴンにはスペイン全土からファンが集まって来る。バイク乗りたちの雰囲気は最高。昨年のデータは役立つだろう。決めつける必要はないけど、良いスタートを切ることが大切。バルセロナのレースを欠場したから、ファンの前に戻りたい。」

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO DE ARAGÓN, Casey Stoner, Andrea Dovizioso, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›