初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

電力不足により、フリー走行2をキャンセル

電力不足により、フリー走行2をキャンセル

セッションキャンセルの原因は、電力変圧器の故障により、安全基準を確保できなかったこと。MotoGPクラスとMoto2クラスのフリー走行2は、45分間から1時間15分に拡大される。

第14戦アラゴンGPのMotoGPクラスとMoto2クラスのフリー走行2は、電力不足により、キャンセルとなった。

問題の原因は、サーキット内にある電力変圧器の1つで故障が起こり、それが原因で停電につながった。グランプリのプロモーターは、問題を解決し、スケジュール通りにセッションを進めるために全ての可能性を尽くしたが、最終的にサーキットの安全基準を確保できなかった。

このような状況により、セッションがキャンセルされた。現在、明日9月17日にグランプリが通常通りに行われるように、問題解決に取り組んでいる。

9月17日(土)
125ccクラスのフリー走行3: 08:45~09:25
MotoGPクラスのフリー走行2: 09:35~10:50
Moto2クラスのフリー走行2: 11:00~12:15

125ccクラスの公式予選: 13:00~13:40
MotoGPクラスの公式予選: 13:55~14:55
Moto2クラスの公式予選: 15:10~15:55

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO DE ARAGÓN

Other updates you may be interested in ›