初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ビニャーレス、地元で新人王争いに決着

M.ビニャーレス、地元で新人王争いに決着

14人のルーキーライダーたちが世界舞台に初挑戦した2011年シーズン。スペイン選手権王者が新人王を奪取した。

ブルセンス・バイ・パリス・ヒルトン・レーシングのマーベリック・ビニャーレスは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、2番グリッドから3位表彰台を獲得。ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを奪取した。

2010年にスペイン選手権を制覇して、年齢規定の16歳を待って、グランプリへの参戦を開始すると、開幕戦カタールGPで新人勢最高位の9番グリッドから9位でフィニッシュ。

ホームデビューとなった第2戦スペインGPでは、最速リズムで追い上げていたが、リアブレーキのトラブルに見舞われて、リタイヤを強いられたが、第4戦フランスGPで初優勝。史上3番目の最年少優勝に輝いた。

第6戦イギリスGPで史上3番目の最年少ポールシッターを達成。第7戦TTアッセンではポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

3度目のホームレースとなった前戦では、今季7度目の表彰台を獲得。新人王部門で、ランク2位に108ポイント差のアドバンテージを広げたことから、4戦を残して、タイトル獲得が決定した。

第14戦アラゴンGP終了時点のルーキーランキング

1. M.ビニャーレス: 177ポイント
2. D.ケント: 69ポイント
3. M.オリベイラ: 44ポイント
4. T.マッケンジー: 15ポイント
5. L.モリチアーノ: 12ポイント
6. N.アジョ: 11ポイント
7. 尾野弘樹: 8ポイント
8. H.スタッフォード: 3ポイント
9. A.トヌッチ: 2ポイント

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO DE ARAGÓN, Maverick Viñales, Blusens by Paris Hilton Racing

Other updates you may be interested in ›