初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第16戦オーストラリアGP:MotoGPクラスプレビュー

第16戦オーストラリアGP:MotoGPクラスプレビュー

ポイントリーダーのストーナーが、40ポイント差のアドバンテージを持って、ホームレースに挑戦。もし、ランク2位に50ポイント差のアドバンテージを広げれば、26歳の誕生日に、2度目のタイトル獲得となる。

第16戦オーストラリアGPは14日、フィリップアイランドで開催。16日に決勝レースが行われ、ケーシー・ストーナーがポイントリーダーとして登場する。

ホンダのファクトリーライダーとして、初めて日本GPに挑戦したストーナーは、4戦連続10度目のポールポジションを奪取して、予選最速の称号となるBMW・M・アワードのタイトルを獲得。

決勝レースでは、レースの主導権を握ったが、コースアウトが影響。3位に入り、13戦連続14度目の表彰台を獲得した。

ランク2位のホルヘ・ロレンソは、前戦で2位に入り、ポイントリーダーとのギャップを40ポイント差に詰め、タイトル連覇の可能性を残した。

もし、ストーナーが母国で5連勝を達成し、ロレンソが4位以下でチェッカーを受ければ、10月16日の誕生日に、地元ファンの前でタイトル獲得を決めることになる。

104ポイント差のランク3位、アンドレア・ドビツィオーソは、キャリア初のジャンプスタートにより、今季初優勝を逃したが、目標であるランク3位を堅守するため、上位進出を目指す。

105ポイントのランク4位、ダニ・ペドロサは、昨年左鎖骨を骨折したツインリンクもてぎで、ホンダに7年ぶり、ワークスチームとしては初の優勝をもたらし、ランク3位とのギャップは僅か1ポイント差。最高峰クラスで2年前の3位が最高位の豪州に、勢いに乗って挑戦する。

前戦では、期待した結果が残せなかったが、ベン・スピース、バレンティーノ・ロッシ、マルコ・シモンセリは、好パフォーマンスを披露。上位進出に期待が高まる。

ランク6位のロッシは、前戦で今季初の転倒リタイヤを喫した際に左手小指を負傷したことから、2012年型プロトタイプマシンのテストをキャンセル。過去に5連覇を達成したフィリップアイランドには参戦する予定。

右鎖骨を骨折したエクトル・バルベラは、今季初の欠場となることから、チームはオーストラリア出身のダミアン・カドリンを代役として起用。

前戦を欠場したロリス・カピロッシ、決勝レースをキャンセルしたカレル・アブラハムは、参戦を予定。

ランク10位の青山博一は、ホームレースで今季8度目のシングルフィニッシュ。4ポイント差のランク9位、コーリン・エドワーズに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›