初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ドゥーハンが同胞ストーナーの精神面を絶賛

M.ドゥーハンが同胞ストーナーの精神面を絶賛

最高峰クラスで5連覇を達成したレジェンドライダー、ドゥーハンが、ストーナーとロッシの状況を分析。ストーナーが限界を超える走りで、ドゥカティを走らせていたことを絶賛した。

ミック・ドゥーハン、500ccクラスで1994年から5連覇を達成したレジェンドライダーは、第16戦オーストラリアGPを前に、同胞であり、母国でのタイトル獲得の可能性があるケーシー・ストーナーが持つ精神面の強さを称賛した。

「ここ数年間、ケーシーだけが、ドゥカティで安定してグッドなリザルトを獲得できた唯一のライダーのようでした。彼と彼のチームは、まるで昼と夜のようでした。ここ数年間はタイトルを獲得しませんでしたが、ライダーとして最もストロングであったことは明白でした。」

「ドゥカティにおける最後の年は、あのバイクで許される以上の走りをしていたと思います。何度も限界を超える走りをしていました。時にはそれで、ミスを犯し、転倒しました。」

「ロッシも同じような状況だと思います。彼は何度か転倒がありました。あのバイクで走らせることは、転倒してしまうことに気づいたことから、勝利のために、バイクを変更することにトライしています。」

ドゥーハンは、ロッシが再び頂点に返り咲く可能性に関して、「言うことは難しいです。彼は長い間、あそこにいました。どんなスポーツ選手にとってもそれがカギです。何年間、外部に影響されず、完全の集中力を維持できるのかです。」

「ロッシは125ccクラス、250ccクラス、MotoGPクラスを走り、沢山のタイトルを獲得し、最高のレベルで多くのシーズンを積んできました」と、明白な回答を回避した。

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Valentino Rossi, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›