初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:A.デアンジェリスが今季2度目の1番時計

フリー走行2:A.デアンジェリスが今季2度目の1番時計

ランク4位のデ・アンジェリスが昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めた舞台で今季2度目の1番時計を記録。ランク3位のイアンノーネが続き。ポイントリーダーのブラドルは3番手だったが、フリー走行1のタイムで初日総合1番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は14日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマーク。ステファン・ブラドルが初日総合トップだった。

気温22度。路面温度43度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったデ・アンジェリスは、1分34秒台を4回記録。1分34秒466で第9戦ドイツGPのフリー走行1以来となる1番時計を刻んだ。

フリー走行1で6番手のアンドレア・イアンノーネは、1分34秒台を5回記録。0.102秒差の2番手に浮上。

フリー走行1を制したブラドルは、1分34秒台を4回記録。午前のタイムを更新できず、0.114秒差の3番手に後退。

フリー走行1で4番手のクラウディ・コルティは、1分34秒台を3回記録。4番手を維持すれば、スコット・レディング、ブラドリー・スミス、ミカ・カリオ、トーマス・ルティ、マティア・パシーニが1分34秒台に進出。

フリー走行1で15番手の高橋裕紀は、1分35秒台を6回記録。0.658秒差の10番手に浮上。

フリー走行1で転倒と衝突のアクシデントとなったマルク・マルケスは、エンジン以外を全て交換。0.825秒差の17番手に位置。

ラタパー・ヴィライローは、背中と左脚を強打。メディカルセンターでレントゲン検査を受けた結果、骨折は確認されなかったが、精密検査を受けるために、メルボルン市内の病院にヘリコプターで搬送。結果はネガティブだった。

シモーネ・コルシは、腰を強打したが骨折はなく、大事を取ってセッションをキャンセルした。

Tags:
Moto2, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›