初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ:ヘイデンとロッシは6番手と13番手

ドゥカティ:ヘイデンとロッシは6番手と13番手

ニューシャーシを投入したヘイデンは、今季最高位の6番グリッドを獲得。通算150戦目となる明日の決勝レースを2列目から迎えれば、ロッシは5列目から巻き返しを目指す。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第16戦オーストラリアGPの公式予選で6番時計。バレンティーノ・ロッシは13番時計。明日の決勝レースを2列目と5列目から迎える。

ヘイデンは、チームメイトが第14戦アラゴンGPから使用するフロントにアルミニウムを使用した2012年型プロトタイプマシンのシャーシを、前戦日本GP後、ヘレス・サーキットで実施した開発テストで初めてテスト。

初日からそのニューシャーシを投入すると、初日総合9番手。フリー走行3で9番手を維持すると、公式予選では1分31秒台を5回、1分30秒台を1回記録。0.817秒差の6番手に入り、今季初めて2列目に進出した。

「今年初めての2列目。セッション中にはもう少し上に行けると考えた。OKだけど、6位は喜べない。フィリップアイランドに着いたときにはもっと上に進出することを期待していた。」

「重要なのはタイヤがレース距離を持ち堪えるための方法を見つけること。バンピーを回避するために、幾つか走行ラインを変えてみた。フロントタイヤでタイムを少しロスしてしまったけど、それ以外に言い訳はない。」

「明日は僕の通算150戦目。グランプリで長く走れ、まだファクトリーチームに所属できることを誇りに感じる。明日ドライでベストリザルトを獲得するスターティンググリッド。ライバルたちは速いから難しいレースとなるけど、僕たちはトライする。」

初日総合13番手のロッシは、フリー走行3で1分32秒台を3回記録。2.230秒差の12番手、総合13番手を維持すると、公式予選では1分31秒台を1回記録。2.005秒差の13番手と、ポジションをアップすることができなかった。

「フィリップアイランドはドゥカティのトラックで、僕自身もグッドなレースをしてきたから、ここに来る前に大きなことを期待していた。今日も問題があった。すごく遅かった。本当に残念。申し訳ない。」

「最初のセッションから抱える問題を解決できていないことは明らか。ウォームアップで幾つか小さな変更を試すつもりだけど、今日よりも良くすることにトライする。非常に厳しいレースになるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Nicky Hayden, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›