Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:C.ストーナーが3連続のトップタイム

ポイントリーダーのストーナーが、最速タイムと最速リズムを刻み、週末3連続の1番時計を記録。ランク2位のロレンソはコンマ6秒差の2番手を維持。ペドロサが唯一初日のタイムを更新して3番手に浮上すれば、シモンセリが週末3度目の転倒を喫しながら4番手。青山は11番手。ロッシは12番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行3は15日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温19度。路面温24度のドライコンディションの中、初日総合トップのストーナーは、1分31秒台を6回、1分30秒台を4回記録。1分30秒550の1番時計を刻み、3度のセッションを連続して制した。

初日総合2番手のホルヘ・ロレンソは、1分31秒台を最多の12回記録。0.640秒差の2番手を維持。

初日総合7番手のダニ・ペドロサは、1分31秒台を7回記録。0.915秒差の3番手に浮上。唯一初日のタイムを更新した。

初日総合3番手のマルコ・シモンセリは、10コーナーで週末3度目の転倒を喫したが、1分31秒台を4回記録。1.137秒差の4番手。

初日総合5番手のベン・スピースは、1分31秒台を2回記録。1.203秒差の5番手を維持。

初日総合6番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分31秒台を2回記録。6番手に位置すれば、ランディ・ド・プニエ、アルバロ・バウティスタ、ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズが、1分32秒台のリズムでトップ10入り。

初日総合8番手の青山博一は、1分32秒台を3回記録。1.938秒差の11番手。

初日総合13番手のバレンティーノ・ロッシは、1分32秒台を3回記録。2.230秒差の12番手だった。

エクトル・バルベラの負傷代役を務める地元出身のダミアン・カドリンは、3ラップ目の4コーナーでハイサイドから転倒。腰を強打して、メディカルセンターに搬送された。

Tags:
MotoGP, 2011, FP3

Other updates you may be interested in ›