初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:S.コルテセが週末3度目の1番時計

ウォームアップ走行:S.コルテセが週末3度目の1番時計

2番グリッドのコルテセが、初日2度のセッションに続き、1番時計を記録。4番グリッドのテロール、ポールポジションのザルコが続き、3番グリッドのフォルガーは16番手だった。

第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行は16日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度12度。トラックの一部が濡れたドライコンディションの中、2番グリッドのコルテセが最終ラップに1分41秒408の1番時計。週末3度目のセッションを制した。

4番グリッドのニコラス・テロールは、1.127秒差の2番手。

ポールポジションのヨハン・ザルコは、1.139秒差の3番手。

14番グリッドのアドリアン・マルティンは、4番手に入れば、ニコラス・アジョ、ダニー・ウェッブ、ルイス・サロン、ルイス・ロッシ、マンセル・シュレッター、ジョア・ペレージョがトップ10入り。

5番グリッドのエクトル・ファウベルは、2.907秒差の13番手。3番グリッドのジョナス・フォルガーは、16番手だった。

公式予選で転倒を喫したハリー・スタッフォードは、右手首にひびが入っていることから決勝レースを欠場することとなった。

Tags:
125cc, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›