初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:M.マルケスが週末初の1番時計

ウォームアップ走行:M.マルケスが週末初の1番時計

最後尾スタートのマルケスが週末初めてのトップタイムをマーク。週末好調のコルティが自己最高位の2番手に進出すれば、ブラドルが3番手。デ・アンジェリスが10番手。高橋は17番手だった。

第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行は16日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度11度のドライコンディションの中、38番グリッドのマルケスは、1分35秒台を5回記録。1分34秒854の1番時計。週末初めてセッションを制した。

20番グリッドのクラウディオ・コルティは、0.049秒差の2番手に入り、今季最高位に進出。

8番グリッドのステファン・ブラドルは、1分35秒台を4回記録。0.089秒差の3番手に位置。

15番グリッドのミカ・カリオは、0.368秒差の4番手。マティア・パシーニ、トーマス・ルティ、ブラドリー・スミス、スコット・レディング、アンソニー・ウエストが続いた。

ポールポジションのアレックス・デ・アンジェリスは、0.719秒差の10番手。

2番グリッドのマイク・ディ・メッリオは13番手。3番グリッドの高橋裕紀は、1.110秒差の17番手だった。

Tags:
Moto2, 2011, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›