初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第17戦マレーシアGP:Moto2クラスプレビュー

第17戦マレーシアGP:Moto2クラスプレビュー

ブラドルがポイントリーダーの座を奪回。マルケスはランク2位に後退したが、そのギャップは3ポイント差。2人のタイトル争いに加え、イアンノーネとデ・アンジェリスのランク3位争いにも注目が集まる。

第17戦マレーシアGPは21日、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。23日に決勝レースが行われ、ステファン・ブラドルがポイントリーダーとして登場する。

第15戦日本GPの4位でランク2位に後退したブラドルだったが、前戦オーストラリアGPで3戦ぶり10度目の表彰台を獲得。ポイントリーダーに再浮上することに成功し、昨年22番グリッドから7位に入った舞台で、ポジションの維持を目指す。

第15戦日本GPで初めてポイントリーダーに飛び出したマルケスだったが、転倒、接触、ペナルティと厳しい週末となったが、38番グリッドから3位でフィニッシュ。9戦連続11度目の表彰台を獲得して、ブラドルとのギャップを最小限に抑え、昨年125ccクラスでポール・トゥ・フィニッシュを決めたセパンに挑む。

ランク3位争いも2人の一騎打ち。ランク3位のアンドレア・イアンノーネは、第15戦日本GPで今季3勝目を挙げれば、ランク4位のアレックス・デ・アンジェリスは、前戦オーストラリアGPで2年ぶりに優勝。イアンノーネは昨年3位、デ・アンジェリスは0.04秒差で2位。2人の存在が、タイトル争いに影響を及ぼす可能性がある。

ランク5位争いは、シモーネ・コルシ、トーマス・ルティ、ブラドリー・スミスの3人。ポイント差は6ポイント。

ランク8位の高橋裕紀は、前戦で3番グリッドを獲得したが、序盤の出遅れが響いたことを反省。昨年18番グリッドから転倒リタイヤしたセパンで、上位進出を目指す。

昨年ポールポジションからファーステストップを記録したフリアン・シモンは、リハビリに専念していることから欠場。マプフレ・アスパルは、イバン・モレーノを継続起用。

大会には、アジア選手権に参戦する2人の地元出身マレーシア人、ザムリ・ババとハーフィス・シャッハリンがワイルドカードとして参戦。モリワキを使用する。

Tags:
Moto2, 2011, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›