初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケスが来季もMoto2クラス参戦を表明

M.マルケスが来季もMoto2クラス参戦を表明

2年連続2クラス制覇に向けて、快進撃を見せるマルケスが、来季も予定通りにMoto2クラスに継続参戦することを説明。噂された最高峰クラスへの進出を一蹴した。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのマルク・マルケスは20日、第17戦マレーシアGPが開催されるセパン・インターショナショナル・サーキットのチームボックスでプレスカンファレンスを開き、来季もMoto2クラスに参戦する意向を説明した。

125ccクラス王者として初参戦した1年目のMoto2クラスで、著しい活躍から来季最高峰クラスに進出するという噂が広がっていたが、チームマネージャーのエミリオ・アルサモーラとマルケス本人が、中量級の継続参戦する決断を説明。

現在ランク2位のマルケスは、「決定には喜んでいる。今年はMoto2クラスの1年目。一生懸命に仕事をして、今のレベルはシーズン最初に期待していた以上だ。」

「Moto2クラスに2年間参戦する契約があり、それが理由でシーズン初めにはプレッシャーがなかった。僕のライディングは思っていた以上にレベルアップした。ステップ・バイ・ステップで良くなり、シーズン終盤の今は、全ての可能性を確認して検証するとき。」

「僕は毎戦新しいことを学んだから、ベストなオプションは、もう1年Moto2クラスに参戦することだと思う。難しい決定だったけど、最善の決断だったと思う。」

「もう1年Moto2クラスに参戦することに失望はない。まだ18歳。たった1年しかMoto2クラスに参戦していない。2年間このクラスに参戦することは、グッドなことだと思う。」

「ほぼ全員のライダーたちが2年間中量級に参戦する。経験を積み、何時かMotoGPクラスに進出するときに向けて準備をするから、もう1年参戦することは僕にとって良いことだと思う」と、継続参戦の理由を説明。

チームマネージャーのアルサモーラーは、「マルクの将来に関して、ここマレーシアで説明する機会を作りました。チーム発表会の際に、Moto2クラスに2年間参戦することは既に解っていましたが、彼の結果により、サテライトチームやファクトリーが彼の将来に関心があるとメディアが報じました。全ての支援に感謝すると同時に、マルクがMoto2クラスに2年間参戦することを説明する機会だと思いました。」

「どんな決断に対しても支援を続けるスポンサーに感謝します。あまり思われないかもしれませんが、Moto2クラスでたくさんのことを学習していることを言わなければいけません。現実的に彼はまだ18歳です。この先のキャリアがあり、このクラスで多くのことを学びます。」

「決断は明白です。彼はこの先に大きな将来が約束されるヤングライダーで、常にスポーツ面を考慮し、ステップ・バイ・ステップで進むことが最善だと思います」と、感謝の言葉を含めて継続参戦の理由を説明。

残り2戦のチャンピオンシップに関しては、「1年間プレッシャーを背負っています。記憶に間違いなければ、82ポイント差を巻き返しましたが、チームでの目標は、テクニカルレベルにおいて、ランク3位に進出することでした。」

「今、ランク2位を確保しました。それ以上の順位になることは歓迎です。チームとマルクの希望は、タイトル争いにトライすることは明白です」と、チャンピオンに挑むことを語った。

Tags:
Moto2, 2011, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Marc Marquez, Team CatalunyaCaixa Repsol

Other updates you may be interested in ›