初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:S.コルテセが週末2度目の1番時計

ウォームアップ走行:S.コルテセが週末2度目の1番時計

3番グリッドのコルテセが、1秒以上のアドバンテージを広げる快走で、フリー走行1に続き、週末2度目のトップタイム。2番グリッドのファウベル、ポールポジションのテロールが続き、15番グリッドのザルコは9番手だった。

第17戦マレーシアGPのウォームアップ走行は23日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマークした。

気温30度。路面温度38度のドライコンディションの中、3番グリッドのコルテセは、2分13秒台を2連発。2分13秒584の1番時計を刻み、フリー走行1に続いてセッションを制した。

2番グリッドのエクトル・ファウベルは、2分14秒台を3回記録。1.013秒差の2番手を維持。

ポールポジションのニコラス・テロールは、2分14秒台を3回記録。1.048秒差の3番手。

7番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、連続9ラップの最終ラップに2分14秒台に進出して、4番手に浮上。ジョナス・フォルガー、エフレン・バスケス、ヤコブ・コーンフェール、ルイス・サロンが続いた。

15番グリッドのヨハン・ザルコは、6ラップの走行で2分16秒台を3回記録。2.477秒差の9番手に入り、ダニー・ケントがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2011, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›