初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:T.ルティがMoto2クラスで初優勝

決勝レース:T.ルティがMoto2クラスで初優勝

ポールポジションのルティが、ラスト3ラップにトップに浮上した直後に赤旗が提示され、中量級で初優勝。ブラドルが2位となり、欠場したマルケスに23ポイント差。タイトル争いの決着は、最終戦バレンシアGPに持ち込まれた。

第17戦マレーシアGPの決勝レースは23日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、トーマス・ルティが優勝を飾った。

気温34度。路面温度48度のドライコンディションの中、ポールポジションのルティは、オープニングラップにトップに立ったステファン・ブラドルをピッタリとマーク。ラスト2ラップにトップに浮上すると、ラスト3ラップにアクセル・ポンスが転倒。赤旗が提示され、ラスト3ラップの順位でポジションが決定。

ルティは、2006年5月の第5戦フランスGP以来となる5年5ヶ月ぶりに優勝。2007年から参戦する中量級で初優勝を挙げた。

2番グリッドのブラドルは、今季11度目の表彰台を獲得。

ウォームアップ走行を制した5番グリッドのポル・エスパルガロは、単独走行で3位。初優勝した第12戦インディアナポリスGP以来となる2度目の表彰台を獲得。

11番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスは4位。ミカ・カリオ、ミケーレ・ピロ、アレックス・エスパルガロ、アンドレア・イアンノーネ、スコット・レディングがトップ10入り。

4番グリッドの高橋裕紀は、3番手走行中の2ラップ目の1コーナーでコースアウトを喫した後、5ラップ目に転倒を喫して今季5度目のリタイヤとなった。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのブラドルが欠場したマルケスに23ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
Moto2, 2011, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›