初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:S.ブラドル、初タイトル獲得に向けて好発進

フリー走行1:S.ブラドル、初タイトル獲得に向けて好発進

ポイントリーダーのブラドルが1番時計発進すると、ランク2位のマルケスは初日を欠場。クルメンナッハ、デ・アンジェリス、パシーニ、エジャーターがトップ5入り。ランク10位の高橋は24番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行1は4日、リカルド・トルモで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度15度。ウェットからドライにコンディションが回復する中、ポイントリーダーのブラドルは最終ラップに唯一1分42秒台を突破する1分41秒777の1番時計を刻み、初タイトル獲得に向けて好発進。

ランク17位のランディ・クルメンナッハは、1分42秒台を最多の2回記録。0.329秒差の2番手に進出。

ランク4位のアレックス・デ・アンジェリスは、0.911秒差の3番手。

ランク22位のマティア・パシーニは、1.164秒差の4番手。ドミニケ・エジャーター、ケニー・ノエス、ケナン・ソフォーグル、アンソニー・ウエスト、ミケーレ・ピロ、ミカ・カリオがトップ10入り。

ランク5位のトーマス・ルティは、5.086秒差の17番手。

前戦で鎖骨を骨折したブラドリー・スミスは4ラップを走行して、23番手。

ランク10位の高橋裕紀は、7.030秒差の24番手。

ランク3位のアンドレア・イアンノーネは、7.867秒差の28番手。

ランク2位のマルク・マルケスは、左目の視力障害により欠場。明日のフリー走行3前にメディカルセンターで検査を受け、2日目の参戦を判断する。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1

Other updates you may be interested in ›