初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、僅かな可能性に賭ける

M.マルケス、僅かな可能性に賭ける

ランク2位のマルケスは、視力問題により初日を欠場。奇跡的な逆転劇を諦めず、視力の回復を最後の最後まで待つことを説明した。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのマルク・マルケスは、最終戦バレンシアGPのフリー走行1前に共同会見を行い、タイトル獲得を諦めず、視力の回復を待つことを強調した。

前戦マレーシアGPのフリー走行1で転倒を喫した際に頭部を強打。それが原因で左目の視力が低下していることから、医師団から欠場を勧められたが、回復の可能性があることから、3日にサーキット入り。

決勝レースに参戦するには、公式予選への参戦が条件となることから、最終的な決断は、2日目の5日に下すことを説明した。

「この数日間で視力はすごく良くなったけど、バイクを走らせるには十分ではない。僕は誰よりもバイクに乗りたくてしょうがないけど、二重に見えてしまう状態では、走ることができない。速く走るには、ハッキリとした視力が必要だ。」

「ラストレースに走らないことは残念になってしまう。それもチャンピオンシップの展開とシーズンを通じて調子が上がって来ていたから、余計に残念だけど、このようなことは時々起きてしまう。ケガに対しては何もできない。それも視力が影響していることが最悪だ。すごくデリケートな問題で、しっかり治さないといけない。」

チームマネージャーのエミリオ・アルサモーラは、「専門医の検査結果、まだ2、3週間の回復時間が必要だと明白に説明を受けました。医師は回復スピードが早まる場合があることも説明してくれました。」

「マルクはグレートなシーズンをしました。ほぼ不可能であることを理解していますが、可能性を閉じたくありません」と、説明を加えた。

Tags:
Moto2, 2011, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Marc Marquez, Team CatalunyaCaixa Repsol

Other updates you may be interested in ›