初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:D.ウェッブが80戦目で初のポールポジションを奪取

公式予選:D.ウェッブが80戦目で初のポールポジションを奪取

スペイン選手権を経由してグランプリに進出した20歳の英国人ライダー、ウェッブがレインコンディションの中で初のポールポジションを奪取。タイトル争いの主役、ザルコは3番手、テロールは9番手だった。

最終戦バレンシアGPの公式予選は5日、リカルド・トルモで行われ、ダニー・ウェッブがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温15度。路面温度14度。小雨が降るウェットコンディションの中、フリー走行総合14番手のウェッブは、最終ラップに1分45秒898の1番時計を刻み、通算80戦目で初のトップグリッドを獲得。

フリー走行総合12番手のルイス・ロッシは、0.427秒差の2番手に入り、自己最高位グリッドを獲得。

フリー走行3を制したヨハン・ザルコは、2.130秒差の3番手。逆転タイトル獲得に向けて、今季9度目の1列目を確保。

フリー走行総合2番手のルイス・サロンは4番手。アレックス・マスボー、エクトル・ファウベル、サンドロ・コルテセ、マーベリック・ビニャーレスが続いた。

フリー走行総合4番手のニコラス・テロールは、3.022秒差の9番手で、今季最低のグリッドに後退。ジョナス・フォルガーがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP

Other updates you may be interested in ›