Tickets purchase
Videopass purchase

MotoGPライダーたちが故シモンセリのために集結

3クラスのMotoGPライダーたちと1993年王者シュワンツが、追悼パレードを行った後、バレンシアの伝統的な爆竹で、友人シモンセリに別れを告げる。

3クラスのMotoGPライダーたちは、最終戦バレンシアGPのウォームアップ走行後に、故マルコ・シモンンセリの追悼セレモニーとして、トラックに集結する。

MotoGPライダーたちは、10時10分にピットレーンを出発。グループの先頭に立つのは、1993年500ccクラス王者ケビン・シュワンツ。シモンセリが今季使用したホンダRC212Vを走らせ、1ラップを周回。

スターティンググリッドで、グレシーニ・レーシングの全スタッフ、MotoGPパドックの代表者たちに合流して、2分間、バレンシアの伝統的な爆竹『マスクレタ』で、シモンセリに別れを告げる。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›