初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:J.ザルコがドライセッションを制す

フリー走行3:J.ザルコがドライセッションを制す

ウェットだった初日総合で2番手だったザルコが、ドライで1番時計。サロン、バスケスが続き、初日総合10番手のテロールが4番手に浮上。地元スペイン勢がトップ7に6人が進出した。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は5日、リカルド・トルモで行われ、ヨハン・ザルコがトップタイムをマーク。3度のセッションを制した。

気温14度。路面温度13度のドライコンディションの中、初日総合2番手のザルコは、1分42秒台を最多の3回記録。1分42秒297の1番時計を刻んだ。

初日総合16番手のルイス・サロンは、最終ラップに1分42秒台に進出。0.314秒差の2番手にジャンプアップ。

初日総合4番手のエフレン・バスケスも最終ラップに1分42秒台を記録して、3番手に進出。

初日総合10番手のニコラス・テロールは、1分42秒台を2回記録して、0.434秒差の4番手に浮上。

初日総合8番手のマーベリック・ビニャーレスは5番手。アドリアン・マルティン、エクトル・ファウベルが続いた。

初日2度の最速ラップをマークしたサンドロ・コルテセは、1.250秒差の8番手に後退。ジョナス・ファルガー、アルベルト・モンカヨがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2011, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP3

Other updates you may be interested in ›