初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ:A.バウティスが他のライダーたちに謝罪

リズラ・スズキ:A.バウティスが他のライダーたちに謝罪

スタート直後に転倒を喫したバウティスタは、激突したロッシ、ヘイデン、ド・プニエに謝罪。左脚骨折で始まった2011年シーズンを振り返り、来年への期待感を高めた。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは、最終戦バレンシアGPの決勝レースで、5番グリッドからスタート直後の1コーナーで転倒。多重クラッシュを招いたが、幸い負傷者はいなかった。

「僕は表彰台争いを期待していたから、今年の悪い終わり方になってしまった。どんなコンディションでも僕たちは速かったから、グッドなレースができることを予想していたけど、アンドレアとバレンティーノの間で位置して、1コーナーに進入した。」

「不運だったけど、アンドレアのリアタイヤと僕のフロントタイヤがぶつかり、転倒を避けることができなかった。」

「最悪だったのは、他のライダーたちを巻き込んでしまったこと。彼らに申し訳ない。チームとファンにも謝りたい。」

「非常に厳しい1年だった。左脚大腿骨骨折により、グッドなスタートを切れなかった。グッドなリザルトを獲得できなかったけど、特に身体面と精神面が回復したシーズン中盤から良い仕事をした。」

「自信はシーズンが進むと同時に高まった。素晴らしい仕事をしたと考える。スズキとチームに感謝したい。全てのレースで常に100%を尽くしてくれた。みんなが僕たちの進歩を見てくれたと思う。来年どうなるか楽しみだ。」

チームアネージャーのポール・デニングは、「火曜に800ccマシンでテストを実施します。我々の将来に関しては、近々に発表できることを願います」と、説明を加えた。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›