初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto2&Moto3クラスがバレンシアでテスト実施

Moto2&Moto3クラスがバレンシアでテスト実施

Moto2クラスの合同テストに、クラスを代表するイアンノーネ、エスパルガロ兄弟、レディング、カリオ、125ccクラスから昇格するテロール、ザルコらが参加する。

Moto2クラスとMoto3クラスの合同テストは、16日から3日間、バレンシアのリカルド・トルモで行われ、ニコラス・テロール、アレックス・エスパルガロ、ジノ・レイ、中上貴晶らが初テストを実施する。

アスパル・チームは、125ccクラス王者のテロールが初テストを予定。先週のオフィシャルテストは、トラックコンディションの不良により、走行を見送ったことから、今回が初テスト。チームメイトにはエスパルガロが指名され、新体制で始動する。

同チームのMoto3クラスからの参戦が予定されているエクトル・ファウベルも初テストを予定している。

グレシーニ・レーシングは、今季スーパースポーツ世界選手権に参戦した元スーパーストック600欧州選手権王者のレイがモリワキ製のMD600を初走行する。

スピード・マスターのアンドレア・イアンノーネは、シューターから昨季ランク3位を獲得した際に使用したFTRへの乗り換えを検討。

マーク・VDS・レーシングのスコット・レディングとミカ・カリオ、ポンス・レーシングのエステベ・ラバットとアクセル・ポンスは、オフィシャルテストに続き、カレックスをテスト。

JiR・レーシングは、ヨハン・ザルコとエンリック・グラナドをオフィシャルテストに続き、2度目のテストを実施。グラナドは、週末にヘレス・サーキットで開催されるスペイン選手権に参戦するため、1日目だけの参加となる。

スピードアップは、最終戦の週末で延長契約に合意したポル・エスパルガロが、2年目に向けてテストを開始。

ストップ・アンド・ゴーは、ラタパー・ヴィライローと来季から2年間の契約に合意しているアンヘル・ロドリゲスの体制で始動。

イタリトランス・レーシングは、クラウディオ・コルティと中上の体制で初テストを実施。ロベルト・ロカテリがサポート役としてテストに参加する。

Tags:
Moto2, 2011

Other updates you may be interested in ›