初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グレシーニ、FTR&ホンダでCRTに参戦

グレシーニ、FTR&ホンダでCRTに参戦

Moto2クラスで高い戦闘力を証明したFTRの車体に、ホンダ製のエンジンを搭載して、来季からスタートするCRTに挑戦することを発表した。

グレシーニ・レーシングは15日、CRTクレイミングルールチームとして参戦することを発表。イギリスのシャーシメーカー、FTRと合意した。

11月9日に、アルバロ・バウティスタと来季の参戦に関して合意。ホンダの1000ccマシン、RC213Vを走らせることを発表すると、もう1台は、ホンダエンジンCBR1000RとFTRのパッケージで参戦することが決定。

来季の体制が固まりつつあるチームマネージャーのファウスト・グレシーニは、「1台のCRTを使用して参戦するために、FTRと合意したことは大きな満足です。CRT勢のバトルは、大きな感動となり、我々は大きな興奮を抱いて挑戦する。」

「我々の意図は、テクニカルパートナーを結成することであり、新しいカテゴリーに向けて、FTRとホンダと共に、戦闘力のあるバイクを作り上げることができると考えます。この新たなアバンチュールは、我々のレーシングスピリッツとマッチします。将来のMotoGPになるかもしれません。グレートなリザルトを獲得できると確信します」と、新たな挑戦に向けて抱負を語った。

FTRの経営最高責任者のスティーブ・ボーンズは、「サンカルロ・ホンダ・グレシーニとのコラボレーションをスタートすること、そしてMotoGPクラスにおいて、新たなアバンチュールを彼らと共有することが大変嬉しいです。チームは、数多くの成功が証明するように、技術的に高い能力があることを長年に渡って示してきました。」

「新たなアバンチュールが継続することは確かです。CRTの新たなカテゴリーは、我々全員にとって非常にエキサイティングであり、バイク開発に着手し、技術的な限界を見極めることが楽しみです」と、最高峰クラスへの参戦に向けて期待を高めた。

ライダーに関しては、近日中に発表する。

Tags:
MotoGP, 2011, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›