初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPクラスのテストルールを変更

MotoGPクラスのテストルールを変更

グランプリ・コミッションは、1000ccマシンとCRTによる2012年の最高峰クラスにおいて、規定されたタイヤ本数内で、プライベートテストの実施を許可することを決定した。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は17日、グランプリ・コミッションが5日、最終戦バレンシアGPが開催されたリカルド・トルモで5日に会議を行い、MotoGPクラスのテスト等に関して協議。競技規定の変更を発表した。

2012年から、MotoGPクラスのプライベートテストは、MotoGPクラスのタイヤサプライヤーから供給されるタイヤ本数の制限内で、誰でもがテストを実施することが許可された。

詳細に関しては、12月に予定されているグランプリ・コミッションで決定。

2011年11月中に計画されているメーカーのプライベートテストは、誰でもが実施できることが改めて確認された。

また、各クラスのバイク最低重量も次のように決定した。

Moto3クラス‐バイク&ライダー: 148キロ
Moto2クラス‐バイク: 140キロ (135キロから5キロ増)
MotoGP‐800cc以下: 150キロ
MotoGP‐801cc~1000cc: 153キロ

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›