初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、3日間で10レース分を走行

T.エリアス、3日間で10レース分を走行

Moto2クラスに再順応のため、意欲的にコースに飛び出したが、トップタイムから1.7秒差の総合10番手。1年前の最高峰クラス復帰を再現するような再出発となった。

アスパル・チームから来季Moto2クラスに参戦するトニ・エリアスは、先週ヘレス・サーキットで3日間のテストを実施。参加者最多の267ラップ、10レース分の距離を走行した。

前週、バレンシアのリカルド・トルモで、シューターの2011年型プロトタイプマシンを初走行。1年ぶりにMoto2マシンを走らせると、好天候に恵まれたヘレスでは、意欲的にコースに飛び出して最多周回数を記録したが、初日から7番手、10番手、6番手。トップタイムから1.7秒差の総合10番手だった。

「今のところ、タイムとリズムは思うように速くないけど、この状況が一転するように懸命に働いている。ポジティブなのはテストをしたこと。Moto2の感触を取り戻すことに苦労しているけど、全てのポイントにおいて、改善の余地がある。」

「このクラスに再び戻って来て、僕たちの目標は、苦労しているけど、ゆっくりと再順応すること。今回のテストで沢山の情報を収集した。2月のテストが待ち遠しい。」

「現実的には、あまり快適に走れていない。遅かれ早かれ、シーズンが始まる前までには、感触を取り戻し、速く走るという目標は達成できるはずだ」と、テスト後に前向きな感想を語った。

合同テスト非公式ラップタイム
1日目: 1分44秒2 (104ラップ)
2日目: 1分44秒9 (73ラップ)
3日目: 1分44秒6 (90ラップ)

サーキットレコードラップ: 1分44秒710 (2010)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (2011)

Tags:
Moto2, 2011, Toni Elias, Mapfre Aspar Team Moto2

Other updates you may be interested in ›