初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ロルフォがテクノマグ‐CIPから復帰

R.ロルフォがテクノマグ‐CIPから復帰

テクノマグ‐CIPの2012年体制が決定。成長著しいエジャーターとベテランのロルフォが、シューターMMXを走らせる。

テクノマグ‐CIPは30日、ランク8位に進出したドミニケ・エジャーターのチームメイトに、ロベルト・ロルフォを指名したことを発表。2012年シーズンの体制が決定した。

2009年にシューターのテストライダーを担当した31歳のイタリア人ライダーは、Moto2クラス1年目となった2010年、イタリトランス・レーシングからシューターを走らせ、5年ぶりにグランプリに復帰すると、第16戦マレーシアGPで優勝。ランク14位に進出した後、2011年はスーパーバイク世界選手権に参戦した。

希望していたMoto2クラスへの復帰が実現したロルフォは、「2010年のバレンシアの後、ものごとが終わらない状態が続いた。中途半端な状態で止めることはできない。格闘しないと。」

「だから、僕はMoto2クラスに戻る。テクノマグ‐CIPはレベルが高く、この数年間速いライダーと共にグレートなプロフェッショナルな仕事をしてきたから、そこから参戦できることがすごく嬉しい。」

「600ccマシンをもう一度走らせることも嬉しい。パッションが沸くバイクで、コーナリングスピードを本当に楽しめる。怪我をした膝のリハビリは順調。早くバイクに乗りたい。12月上旬にチームと合流して、僕にとって非常に重要となる開幕戦に向けての計画を検討するつもりだ」と、復帰に向けての抱負を語った。

フレンチチームは、Moto3クラスへの参戦も予定。TSRとコラボレーションを結成して、2011年全日本J‐GP3王者の藤井謙汰を起用。2011年レッドブル・ルーキーズ・カップでランク3位だったフランス人ライダーのアラン・ティーチャーの起用を模索している。

Tags:
Moto2, 2011, Technomag-CIP

Other updates you may be interested in ›