初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

テクノマグ‐CIP‐TSR、藤井に加えてフランス人ライダーも起用

テクノマグ‐CIP‐TSR、藤井に加えてフランス人ライダーも起用

TSRとコラボレーションを結成したフレンチチームは、全日本王者の藤井に加え、ルーキーズカップでランク3位に進出したフランス期待のヤングライダーを起用。ホンダのMoto3マシンを走らせる。

テクノマグ‐CIPは1日、2012年のMoto3クラスに、フランス人ライダーのアラン・ティーチャーを起用することを発表した。

同チームは8月31日、Moto2クラスに加え、来年からスタートするMoto3クラスへの参戦を発表。同時に、今年全日本J‐GP3王者に輝いた藤井謙汰の起用を公表すると、最終戦バレンシアGP後のオフィシャルテスト、そして、スペイン選手権の終盤2戦に参加。来年に向けて始動した。

そのオフィシャルテストでは、2011年レッドブル・ルーキーズ・カップでランク3位だったティーチャーを召集。ホンダNSF250Rをテストする機会を与えていた。

17歳のフランス人ライダーは、11歳のときに、ミニバイクレースでのパフォーマンスが評価され、フランス連盟が主催、チームマネージャーのアラン・ブロネックが指揮するミニバイク・アカデミアに入校。フランス選手権を中心に活動すると、2010年から同プロモーション大会への参戦を開始。

1年目はランク22位だったが、2年目の今年は、2勝を含む4度の表彰台を獲得。ランク3位に進出した。

「グランプリは、ライダーにとっての夢。僕も目標だった。ルーキーズカップ中は、アラン・・ブロネックとジル・ビゴ(チームのテクニカルディレクター)のアドバイスを受け、沢山のことを学んだ」と、ミニバイク時代からの延長上でグランプリに到達したことを喜んだ。

Tags:
125cc, 2011, Technomag-CIP

Other updates you may be interested in ›