初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

故シモンセリの財団が設立

故シモンセリの財団が設立

故シモンセリの思い出を継続する目的で、家族と友人たちが中心となって財団を創設。1月20日には、リミニで誕生日会を開く。

故マルコ・シモンセリの父親パオロ・シモンセリは22日、マルコ・シモンセリ財団が合法的に非営利団体として設立したことを発表した。

パオロと母親のロッセーラ、妹のマルティナ、ガールフレンドのケイト、パーソナルマネージャーのカルロ・ペルナット、ジャーナリストのパオロ・ベルトタモが発起人となり、シモンセリの思い出を継続する目的で、財団を創設。

財団の代表であるパオロは、「僅か数日間で全ての法的処理を済まして、活動を始める準備ができました。複数のイニシアチブがあり、例えば1月20日には、リミニのスポーツセンターで『シック誕生日会』を行います。彼が望むように楽しいパーティーになるでしょう。」

「同時に、マルコの展示会をコリアーノ市役所で開催されるために作業を進めています。活動を始めたばかりですが、マルコの性格を表すようにポジティブなことに囲まれています。」

「マルコの記憶を維持するという夢は、我々の最悪の状況を軽減することにつながり、今は思い出をどこに、どうやって配分していいのか難しいですが、良識を持って取り組みます。コントロールが難しい大きなイニシアチブを行わず、シンプルで確実なプロジェクトに着手します。」

「マルコに影響を受けた人たちから沢山のメッセージをもらい、困難な状況を克服することに助けとなりました。沢山の人たちが我々の息子を愛してくれたことを確認できました。マルコ・シモンセリ財団は将来において、彼の思い出を残す最善の手段になると思います」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2011, Marco Simoncelli

Other updates you may be interested in ›